育み(取り組み)

療育

生活する中でコミュニケーション。社会性、協調性など生きていく力を身につけるためのサポートを行っています。支援員はすべて有資格者なのでご安心いただけます。

ヘキサスロン

運動発達に必要な36の基本動作を楽しみながら身につけることのできる「遊びプログラム」です。「走る」「跳ぶ」「投げる」など基本的な動作を自然に身につけ、体幹や体のバランス感覚が養えるプログラムを通して、運動が苦手な子供達でも楽しく遊び感覚で学ぶことができます。

パソコン

小学校のパソコン導入に伴いタイピング練習やキーボードの使い方を楽しく学べるようにソフトを用意しています。チャレンジするごとにレベルが上がり「もっとやりたい」の気持ちを大切に取り組みます。

ロボット・プログラミング学習「KOOV(クーブ)」

KOOV(クーブ)はお子様が自分のペースでプログラミングを遊びながら学べるように開発された「ロボット・プログラミング学習キット」です。7種類のブロックと電子パーツで自分の思いどおりのロボットが作れます。自由な組み合わせが可能なため様々なアイディアを形にできます。

代表よりごあいさつ

平素より「あすなろ」にご理解を賜り心より感謝申し上げます。

「あすなろ」は障害を抱えている子どもたちの自立とご家族のサポートを実現するため、2019年4月にスタート致しました。 スタートしてまだ間もない「あすなろ」ですが、既に大切な思い出が溢れる場所となっていると実感しています。

私が「あすなろ」を設立したきっかけは、私の息子が発達障害と診断された事から始まります。その時に発達障害を全く理解していなかった自分は、息子が抱える辛さや息苦しさの半分も理解していなかったと思います。息子が成長するにつれて息子の取り巻く環境も変化していき、小学校に上がると利用した学童では浮いた存在となっていました。相談した支援学級の先生の勧めもあり、息子は放課後等デイサービスを利用することになりました。それまで何一つの知識のなかった私に、障害児の療育現場で働く方々との出会いを与えてくれました。その出会いの中で自分にも何か出来ることはないのだろうか? という想いを持つようになりました。私の想いに共感して頂いた多くの方々からの助けを受けて、「あすなろ」は設立しました。

私達が「あすなろ」で目指したのは、出来る限り多くの方々を笑顔にする事です。それは子どもたちは勿論の事ですが、そのご家族や「あすなろ」で働くスタッフも含まれます。大切なお子様をお預りするには働くスタッフが、まず笑顔で働くことの出来る職場環境が何より大切だと考えているからです。

お預りする子どもたちの多くは、お友達との関係作りに悩んでいます。子どもたち一人一人の個性を大切にして、お友達の個性や自分の個性を肯定的に受け入れる事は、成長する子どもたちにとって一番大切な事であると思っています。子どもたちには無限の可能性があると同時に、多くの出会いがあるでしょう。私は人との出会いを大切にしています。子どもたちも出会いを大切にしてくれる人になって欲しいと思います。

だからこそ私たち「あすなろ」は子どもたちやその家族に寄り添うパートナーになりたいと考えています。

あすなろ代表 松本啓吾

よくあるご質問

どんな内容か一度見学したいのですが?

いつでも見学にお越し下さい・お子様と一緒でも可能です

説明会や体験入会はできますか?

説明会(個別)では あすなろの特徴、料金、受給者証の取得方法などご案内致します。いつでも体験を行っています(料金はかかりません)お気軽にどうぞ(^_^)

送迎はしていますか?

おこなっています。学校までお迎えにいき、帰りはご自宅まで送迎致します。もちろんご家族にお迎えに来て頂くことも可能です。

当日予約はできますか?

できます。成長療育支援システムHUGを導入していますので、携帯で当日の状況をみて空きがあれば利用の申し込みができます。直接お電話でも可能です。

対象年齢は何歳ですか?

小学1年生から小学6年生までとなっております。

お子様にこんな不安はありませんか?

できることを増やして自信をつけさせたい

お友達の輪の中に入れず一人で遊んでいることが多い

じっとしていることが苦手で日常生活に支障がある

突然しゃべり出したりおしゃべりが止まらない

授業中ほかのことに気を取られて集中できない

行動や考え方にこだわりがある

突発的に行動してしまう

お子様に合わせた指導や療育を行い様々な体験を通して笑顔を大切に
楽しく安心して過ごせる場所を提供しています